読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスピリン打って

ジャニ、舞台、タバコのこととか

ラブリーベイベーきみがすき

ゲズントハイト観てきました!!こばやしです。

今日は、「ラブリーベイベー」という舞台のお話をしたいと思います。

5年前の今日、その舞台は東京グローブ座にて幕を開けました。
主演は三宅健小島聖菅原永二
わたしの人生を変えたその舞台は、幕があがるまでストーリーを全く明かさず、メインビジュアルを見る限りでは、三宅健小島聖菅原永二の3人の繰り広げる三角関係物語ではないかと言われていました。
迎えた初日、メディアは騒ぎます。
なぜならラブリーベイベーは「同性愛」をテーマにした舞台なのでした。
過激とも取れる演出に驚いたものです。

そんなラブリーベイベーのストーリーをザックリ。

舞台は、星屑の木のあるホテルで起こるみっつの恋の物語。
ストーリーは2010年と2011年を行き来しながら進んで行きます。
主人公恋司(三宅健)と、その恋人である愛斗(菅原永二)。そして、1人の妊婦(小島聖)。
作家を目指す恋司はとある小説を書きます。「ラブリーベイベー」そのタイトルを笑う愛斗。幸せそうにキスをする2人は恋人そのもので、誰もが見蕩れてしまう。
そんなある日、愛斗は熱を出した。夏祭り、みんなで花火を見に行こう!という日に。恋司は線香花火を手に愛斗に会いに行きます。
「来年は一緒に観に行こうね」
そう笑う恋司。切なそうな愛斗。
線香花火シーンは毎日アドリブで変わるのですが、わたしが入ったラブリーベイベーで1番可愛かったのは線香花火の火種を恋司が奪い取り、愛斗が落ち込んだこと。

そして季節は変わり冬。
体調が優れない愛斗を心配する恋司。ところが愛斗はこう言います。
「もう無理なんだって」
そう言うと愛斗はおそろいのベッドの上で息を引き取ります。
恋司は涙を拭うと「ラブリーベイベー」の続きを書き始める。
そして、ベッドが陽の光に照らされると「愛斗」と呼ばれる一人の妊婦が寝ている。

なんだか面倒になったので、ここまで。でもこんな感じです。
わたしの人生を変えた舞台はあまりにも残酷で、でも膝を抱えてしまいたくなるほどの美しいラブストーリーでした。

恋司と愛斗の他にも今日子、遥、カスミ、旭、耕介といった登場人物が出てくるのですが、全員同性愛者。(カスミだけ漢字が思い出せなかった…!! )

さて、わたしはラブリーベイベーを見て、舞台脚本家を目指しました。自分の手で描きたいのはラブリーベイベーの様なラブストーリー。
ラブリーベイベーはわたしの人生すべてです。ラブリーベイベーを観ていなかったら、わたしなにを目指してたのでしょうか。

そんなラブリーベイベーの魅力に取り憑かれたわたしは東京千秋楽、大阪大千秋楽を含め10回ほど観に行きました。
そのうちの1日、当日券で取ったチケットかまさかの最前列だったんです。
出演者が流す涙までハッキリ見えるくらい。
圧倒されましたね。演技をする、ということ、そして、魅せるということ。最前列でしか感じることのできない空気、香り。照明の揺らぎ。
これを作りたい、この世界をわたしの手で、と。
苦しいくらいの気持ちは、いまでも残ってます。
毎年10/29を迎える度にわたしの心は騒ぎます。

世界で1番愛おしいこの舞台はDVD化は疎か、再演すらされていません。
だから、思い出して苦しくなるんです。

「やだよ、ずっとこのままでいようよ!やだ!」

恋司のセリフはわたしの心を代弁しています。千秋楽は本当に苦しかったなぁ。
また会えることを信じて。
ラブリーベイベー何年経ってもきみがすき

2度目の最前列

わたしのジャニフワは終わりました!!楽しい秋をありがとうございました!!こばやしです。

さて、もうここまで来たら自慢げに話すけど、龍太立ち位置割と多めの最前列に入ってきました。しかもマイ楽で。なんてこったい。

タイトル通り2度目なのだが、1度目は三宅健主演舞台「ラブリーベイベー」
あれは当日券並んだら最前列当ててしまって、友達と白目を向いたもんですわ。しかし、ジャニフワとラブリーベイベーは同じ舞台と言えど、まったく違うものなので、目で追うものは少ないし、変な話目を瞑ってでも楽しめるものだったわけで。

しかしジャニーズフューチャーワールド、そうはさせてくれないわけだ。

だってオープニングから目の前に内くんが立って雪降らすんだもん!!!!!!!!!!!!!!!
そんな雪がこちら。
f:id:mxbrry:20161024083841j:plain

煩わしいほど降ってきましたよ。
それからはドタバタステージの色が変わって、ノットイナフでは圧倒されてしまった。真っ赤に染まるステージに、揃ったダンス、アクロバット

そんなこんなで2度目の最前列は、見切れもそこそこあったし、与えられる情報量が多すぎて基本は頭が混乱してなにも覚えてない。
ただ覚えてることは龍太がグダグダだったってことかな…
あとは突然のHIHIJet…君とJETでDOするLIFEなう

あのじぐたんのヴェヴェヴェッッは誰かの曲なんですか…?ヴェヴェヴェッッの振り付けが好きでした。

もう何書いてんだかわからんくなってきた。
もう少しで地元駅。昨日の夜は大阪にいたのに、また日常がはじまろうとしてる事実を受け止めきれない。
とりあえず帰ったらちょっと寝ます。
もう二度と来ないであろう最前列。楽しかったです。

久々のHey!Say!JUMP!

Hey! Say! JUMP横浜アリーナ行ってきました。こばやしです。

いや〜よかった。
知ってる曲5曲くらいしかなかったけど。

センター席に入ったのですが、バラを渡す曲で高木くんがわたしの横を通ったのですがすごくいい香りがしました。
振り向き際にふんわり甘く香ったのですが、振り向いてカメラに向かって「愛してる」と言っていて。すげーアイドルを20cm距離で見てるやべー!!!となりドキドキしました。
一番面白かったのは、その愛してると言われたカメラを持っていたカメラマンさんが照れ笑いしてたことですかね。そこそこ年行ってるように見えましたよ。ちなみに男性でした。高木くん男ヲタできたね♡

薮様えっちだな…という気分ですごしていたのですが、薮様見てたら脳裏を横切る稲葉光(リア恋)。やっぱ顔似てるね…

そんなこんなで、センター席にいたわたし。
落下物が多くてビックリ。めちゃくちゃ銀テープをゲットしたのですが、特にメンバーカラーがあるわけでもなく、ワンカラーでロゴのみって感じ。1本あればいいかな…と思ったので、外で「落下物ください」て紙広げた人たちにあげようと。
まぁ外出てみればそんな人だらけ。
わたしは銀テープ片手に配り歩きました。
ビックリしたのは、その銀テープを受け取った人たちでした。
みんな、「あああああああありがとうございますううううう本当にありがとうございます!!!」と言ったような、一瞬神にでもなったのかと思うほど感謝されたんです。

ジャニストとは大違いだな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(大声)

ジャス民さんたちは「あっ、あざっす」て感じでそっけない人が多かったな…
いやたかが落下物ですよ、そこまで感謝されるのも申し訳ないですが、礼儀の問題ですよ。
もらえるのが当たり前じゃないからね!?

てわけで、まだまだ銀テープ手元にあります。欲しい方連絡ください。


ジャニワはじまりましたね、楽しみです。

担降り記念日と、君の名は。

今日で室龍太担になって2年が経ちました。こばやしです。

2年前の今日、日生劇場で行われていたのは台風nDreamer、千秋楽でした。
わたしの心を動かしたのは、ショータイムでの青春アミーゴです。
「俺たちは昔からこの街に憧れて、信じて生きてきた」
いまの彼らには重たすぎる歌詞ですね。
それでも負けないくらい胸を張ってステージに立つ彼を見ていたら涙が出たんです。
不思議ですよね、室龍規くんの弟だった彼が、わたしの担当になった瞬間、わたしの頭の中は事務所を辞めた楠本幸登でいっぱいになりました。
本当は、事務所を辞めても1番でいてほしかったから。
その後もわたしは涙が止まらず、友人と合流するまで泣き続けていました。

そんな2年前の今日から、色々なことがありました。
金内柊真が事務所を去り、そしてツッコミがいなくなり、その場をまとめてくれる人がいなくなり、看守長を勤め、気づけば頻繁にステージに立つ最年長は室龍太になりました。浜中文一くんも、たまに松竹座出てくれるけどね!
すべて、彼の中での変化になってほしいとわたしは思います。この2年で得たもの、経験を、無駄にしないでほしい。好きだから、がんばってほしい。
わたしの思いはそれだけです。

室龍太に担降りをして、しんどかったこともたくさんあります。でも、それ以上に幸せで、楽しくて。たまに苦しくなったり、怒ったり。
喜怒哀楽、そのすべてを室龍太一人の人間が与えてくれました。
ジャニーズワールド、楽しみにしています。
3年目もよろしく。


さて、そんな担降り記念日に「君の名は。」を見てきました。
いやーいい映画でした。泣けた。
聖地巡礼したくなる気持ちもわかる。
しかし、なにが一番びっくりって、神木隆之介くんすごいね!????
声優経験があるのは分かってたけど、かなり成長したね!神木くん!!びっくりしたよ!!!
瀧が変えた運命は、三葉の人生を変えて心を動かす。
タイトル通りのエンディングは、本当泣けるというか、アニメで泣いたのなんて、一週間フレンズ以来じゃないかな?という感じ。
一週間フレンズ泣けたね〜でも君の名は。もすげー泣けたよ…
ただ、なぜか無性にシンゴジラが観たくなったので(君の名は。後の呑み会のせいかな…)明日時間があったらシンゴジラ観に行こうかと思います。
もうHiGH&LOWはDVD出てからでいいです。

君の名は。おかわりも検討。

ある種、批判の一種

ガラスの仮面観てきました、こばやしです。
カテコの文ちゃんがとても可愛かったです。

さて、最近よく映画を見ます。
以前はてブロで秘密 THE TOP SECRETとシンゴジラを観てきたと言いましたが、今日は急遽仕事が休みになったのでシンゴジラおかわりして、これから怒りを見ます。

わたしは舞台脚本を書いたり、普通に小説を書いたりするので、流行の映画(基本邦画)は極力見るようにしています。
洋画は、基本苦手なので英語の勉強で見るくらいなのですが、邦画はまぁ勉強になる。
語彙力のないわたしには映画は見て楽しむ辞書のようなものです。
映画を見て気になったら原作を読んで表現の勉強をする。そんな感じです。

そんなこんなで、舞台のお仕事をしている人、または若手の俳優さん女優さんとお話する機会が多々あります。
そんな最近の若手の俳優さん女優さん、特に若い方ですかね、わたしより年下の人たちはあまり映画を観ていません。更には舞台すらあまり観に行かない。
さて、それはどうなんでしょうか?
自分だってスクリーンの中に入る、舞台の上に立つのだから、そこら辺は抑えておくべきなのではないかと思います。

なんで観ないの?と聞けば、一丁前に「脚本家(または監督)が好きじゃないから」と答えるんです。
ちょっと意味わかりません。
じゃあお前はその脚本家さんまたは映画監督さんから声を掛けられたら出ないのか?と。その時過去作品を観ればいい、とでも思っているのでしょうか。

まず、映画または舞台を観るということ。
それは紛れもない「勉強」です。
ただテレビに出たいだけなら、なにか人より特化した特技を持てばいい。しかし、若手と付けど、わたしのような舞台脚本家の端くれからしたら「プロ」の俳優、女優であることは間違いありません。
もっと意識を高く持つべきだ、とわたしは思います。

どんな映画も舞台も、演者からしたら間違いのなく勉強になります。パンフレットは教本になります。
テレビドラマだけ見とけばいいという考えは、捨てろ。
舞台を観た方がいい。

なぜなら舞台はナマモノ。
ドラマのように編集の一切効かない、リアルな世界が舞台上で繰り広げられます。
セリフの間違いはアドリブでフォローし、アドリブをされたら瞬時に考え行動しなくてはならない。
それを観て学んでほしい。

演者として、一番勉強になるのは、舞台というナマモノだ。

秘密THE TOP SECRETとシンゴジラ

どうもこばやしです
昨日今日と映画を2作品見てきまして。
見てきた映画はタイトル通り。

秘密THE TOP SECRETに関しては目指せ♪ドリームステージの予告編で流れていてずっと見たかった映画。
やっと見てこれました。

ストーリーはだいたいこんな感じです。
死んだ人の脳をスキャンき、記憶を映像化する捜査方法「MRI捜査(脳内捜査)」が開発される。
警視庁の特別機関・法医第九研究室、通称第九は、とある死刑囚の捜査をはじめる。
その死刑囚は、家族3人を虐殺した。
家族のうち、ひとりだけ行方不明の長女「絹子」を探し出すというミッションを第九は与えられた。
しかし、その死刑囚の脳をスキャンすると、刃物を振り上げ家族を殺す絹子の姿があった。
しかし、脳のスキャンだけでは法的に認められていない、しかも無実の死刑囚を死刑にしたという罪。
第九は行方不明の絹子を探し始めるが、どんどんと事件に巻き込まれていく。

といった感じです。

なにがすごいって、スプラッター映画だってゴリゴリのオペシーンを見ながらでもご飯を食べケロッとし、楽しんでるわたしが見てもグロいということ。

岡田将生生田斗真の美の暴力タッグを見るためだけに観た映画ですが、とても楽しめました。

なによりストーリーがしっかり出来てる。脚本家さんがんばったな〜と。

あまりにも素晴らしい映画だったので、感想は特にないですわ(笑)
なので、グロ耐性のある方、是非1度見てみてください。
日本映画の飛び降り自殺の概念を覆されます。

続いてシンゴジラ
正直ガッカリした。こんなもんか、と…
しかし、無人在来線爆弾はテンションあがったし、ゴジラが北品川上陸シーンでは元職場がぶっ潰されたのでせいせいしてます。
あと、とにかく安田(高橋一生)がかわいい!!!!!!
長らく高橋一生ファンをやってるわたしですが、トップ3に入るほどかわいい。とてもよい役。
ちなに一番は医龍の外山先生です。
高橋一生のためにもう一回見てもいいくらいだと思ってます。

次は、怒りか君の名は。を観に行こうと思ってます。

ブラコンが語る、千葉県酒々井町遺体切断バラバラ事件について

驚異のスピード更新。こばやしです。

今日はタイトルの事件についての鬱憤を書きたいと思います。

今日一日中テレビはこの事件の報道ばかりですね。
なんとなく興味を持って調べてみました。が、不愉快になる内容ばかりなので、あまりこのブログも見ることはオススメしません。
事件の概要はこちら↓
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160913/k10010683561000.html


さて、竹内愛美容疑者は弟を殺害、そしてバラバラにして頭部を冷蔵庫に入れる等の猟奇的な行為に走りました。
巷では、父の死にも容疑者が関わっているのでは?サイコパス、カニヴァリズムなど言われてますね。
わたしが気になったのは、サイコパスでも、カニヴァリズムでもなく、「実の弟を殺した」という悲しい事実です。

わたしはブラコンです。弟2人を、自分の子供のように可愛がり、自分の彼氏よりも愛してきました。

よく見ますよね、実の子を虐待して殺して捕まる人。
両親はその類の事件を憎んでいました。
「死ねばいいのに」
そういつも言っていました。
でも、子供がいないわたしにはどうしても、死ねばいいのに、という言葉は過激にしか思えませんでした。
でも、人の親になるっていうのはそういうことなんでしょうね。死ねばいいのに、この言葉の重みはいまでも覚えています。

さて、バラバラ殺人事件の話に戻ります。
容疑者は、自分の手で弟を殺めたと供述しているようです。
メディアでは、弟のTwitterを公開し、2人がどれだけ仲が良かった姉弟だったのか、報道しています。
中には姉とデート、姉からもらったプリン美味しいなど、本当に仲が良かったんだなぁと思えるものもいくつかありました。
なぜ、そんなに仲のいい姉弟が、こんな悲惨な事件を巻き起こしたのでしょうか。きっとこの先、徐々にわかってくることだとは思います。

しかし、ブラコンのわたしには到底理解ができない。
こんなにも愛おしい弟を、自分の手で殺めるなんて考えられない。
そのとき、両親の気持ちがわかりました。そして、わたしは口に出してしまいました。
「死ねばいいのに」
自分でも驚きました。でも、それは紛れもなく心底思った気持ちで、感情で、悲しいくらいの自分の考えでした。

わたしは、この子達は殺せない、なにがあっても殺めることはできない。
この事件で、わたしの気持ちは確固たるものになりました。

でもやっぱり思います。弟を殺すなんてありえない。死ねばいいのに、と。