読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスピリン打って

ジャニ、舞台、タバコのこととか

睡眠薬という劇薬

50Shades!が怖くて毎晩震えてます。こばやしです。

先日、「精神病になってから人生狂った」というブログを見ました。
わたしも持ってますよ、精神病。なんの自慢にもならない、お薬手帳にはビッシリと神経系の薬が書き込まれてるわたしは、自分が「精神病」だなんて思ったことがありません。
病名は「鬱病」「不眠症」「不安神経症」とついてはいるものの、自覚がない。

自覚がない理由のひとつは、薬を飲んでる期間が長いこと、そして、しっかりと薬が効いていること、だと思ってます。

初めて精神安定剤を処方されたのは中学生のとき。原因はいじめでした。
抗うつ剤は20歳を過ぎてからじゃなきゃ処方は出来ないという理由で、それなりに強い精神安定剤を朝昼晩飲んでいました。まぁ学校もそんなに行かず、受験勉強はちょっとだけして入った高校も、高3で不登校になり、ギリギリ卒業という、親には迷惑かけまくりでした。

そんな高校3年生のわたしは、不眠症になりました。毎晩布団に入って、夜が明けるのを待つ。4日寝ないで、体力の限界が訪れて寝るというよりも、電池が切れたおもちゃみたいに全く動かなくなってしまう、といった感じ。
そして、病院で睡眠薬を処方されたのでした。

わたしの飲んでいる睡眠薬は、わたしが飲めるギリギリまで強くしたものです。
循環器内科の先生も、頭痛外来の先生も「かなり強いの飲んでるんだね」と言うほど。
飲んで1時間もすれば、パタッと意識がなくなります。

別にこれが悪いと思ったことは1度もありません。
ただ、こういう薬を飲んでるってだけで、世間からは線引きをさせられるんですよね。あなたはわたし達と違いますよ、と。それが気に食わなくて。

例えば、わたしが薬を飲んいることを知らない友達と泊まりで遊んだりして、「さー寝よかー」となったとき。
プチプチと薬を取り出し、計16錠を手に広げるわたし。もちろん友達はドン引き。
「なんの薬?」
この質問お決まりー!!!!
「えっ?睡眠薬
この返しもお決まりー!!!!!!

コソコソ飲んだ方が怪しいじゃん?だから目の前で薬広げてるんだけど??て気分。

「へーなえって不眠症なんだ」

この一言が線引き!!!!!!!!!!!!!!!
不眠症で何が悪い?鬱病で何が悪い??

みんなと変わりはない。
ただ、薬を飲んでるだけ。

たったそんなことで、変な人って言われるんですよ、この世の中。
おかしいよ。どうかしてる。