読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスピリン打って

ジャニ、舞台、タバコのこととか

狭心症療養という現実

どうもーこばやしです。
今日はこばやしの現状を書きたいと思います。

さて、今年の4月から保険代理店で働き始めたわたし。
環境の変化にめちゃくちゃ弱いわたしは色んなアレルギーを発症しました。

まずはグルテン(小麦)。致命的ですね。
職場の近くに丸亀製麺があるのですが、グルテンを発症してから1度も行ってません。
小麦なのでもちろんビールも飲めない。揚げ物も食べれない。パスタもダメです。
つまらない食生活の幕開けでした。

続いて甲殻類。
友人と新橋にある「かに地獄」という居酒屋に行って、発覚しました。
エビももちろん食べれません。
なんてつまらない食生活なのでしょうか。

続きまして玉子。
もういっそのこと殺してくれよ。

そして、加速する果物アレルギー。
果物アレルギーは元々あり、マンゴー、パイナップル、キウイ、モモ、メロン等がアレルギーなのですが、別に食べたら死ぬほどではなく口周りが赤くなって、喉が荒れ血を吐くくらいの軽症?だったのすが、加速する果物アレルギー…ついに食べたらアナフィラキシーショックを起こすほどになりました。
とてもつまらない食生活です。

さて、そんなわたしですが、友人の結婚お祝いパーティ二次会カラオケで、とある病気を発症します。
それは、狭心症
詳しくは、冠攣縮性狭心症、というものです。
寝不足、疲労、ストレス等で起こる狭心症の一種です。
母が不整脈持ち、弟が狭心症疑惑をかけられていたので、いつか自分にも来ると思ってました。
それはほんの些細な違和感からでした。
Sexy ZoneのチャチャチャチャンピオンのMVの寺西拓人をジーッと見ていたら、心臓が痛くて痛くてたまらなくなりました。
そう、気づかせてくれたのは寺西拓人だったのです。ありがとう。

さて、こうしてわたしの狭心症生活がはじまりました。
毎日のように、病院で処方されたニトロを服用し、3度救急車で運ばれました。
最初に言いましたが、わたしは環境の変化にめちゃくちゃ弱いです。
まさか、心臓に来るとは思ってもいませんでした。

仕事もまともにできず、休みがちになりました。
ひたすら心臓の痛みに耐え、ニトロを服用し、痛みが治まるのを待つ。

そんな日が続き、昨日、仕事を辞めました。
辞めた、というよりも、実質クビ。
上司に「狭心症の発作が酷いので、治まったら仕事行きます」と連絡したわたし。そんなわたしに上司はこう返してきました。

「出勤すると発作起こるよね。しばらくは療養に専念した方がいいと思うのですが。」

出勤すると発作が起こるよね、わたしはその言葉に酷く傷つきました。発作が出るのは出勤する時だけじゃない、サボってると思われてるのか?と。
本当は療養に専念する気なんてサラサラありませんでした。なぜならストレス性だから。専念したところで、復帰したらまた発作が出るのはわかりきったことだから。
しかし、これ以上会社に迷惑はかけられません。
わたしは療養をすることにしました。
すると上司から

「廃業手続きをとります。書類が家に届くので確認をお願いします。また働く場合は、また面接からお願いします。」

ちょっと待て。おかしいだろ。
廃業手続きとるの?また面接するの??
反論が面倒くさかったわたしは了解しました、とだけ返信すると履歴を全部消去し、バイトルのホームページを見始めました。
これ、完全にクビですね?と、笑いながら。

たったちょっとのズレが、ここまでズレるんです。
狭心症というくだらない理由で、わたしは職を失いました。

それからは何もかもがヤケクソです。
禁止してた、グルテンを摂取し、フルーツジュースを飲んで、卵かけご飯にカニ缶を混ぜて食べました。
こんなに美味しかったんですね。グルテンもフルーツも卵もカニも。
涙が出ました。

わたしはいま絶賛職探し中です。心臓に爆弾を抱えながら。

でも、狭心症を、馬鹿にしないでください。